Menu

スポーツの秋!アクティブに楽しむ おすすめ長野のサイクリングコース

暑さも納まり、いよいよ本格的な秋の到来です。
家族でできるスポーツの中でもサイクリングは、観光も兼ねて楽しめます。
長野県は山間部が多いイメージがあるかもしれませんが、実は市街地の道は割と平坦で、車通りもあまり激しくないため、サイクリング愛好者の間でも初心者が走りやすい場所として知られています。
この秋は、家族皆で、北アルプスの風景を眺めながら颯爽と駆け抜けてみませんか?

国営アルプスあづみの公園で
オフロード体験を!

大町市にあり、255ヘクタールという広さを誇る「国営アルプスあづみの公園」の大町・松川地区。安曇野の豊かな自然環境が広がるこの公園内では、5つの特徴的なエリアでネイチャー体験を楽しむことができます。

例年、紅葉シーズンは10月の下旬から11月中くらいまで。今年も、秋の風情の中、散策しながら行う「宝探し」や「ウォーキング」、「リース作り」といった、多彩なイベントが企画されています。

 

今回ご紹介する「自然体験ゾーン」には、マウンテンバイク用のコースがあり、気軽にオフロード体験ができると家族連れに大変人気があります。ヘルメットの貸し出しは無料、マウンテンバイクは大人用でも子ども用でも1時間300円でレンタル可能です。

まずはスキルアップエリアで、オフロードを楽しむために必要な上下左右の動きを練習することから始めてみましょう。乗り方にある程度慣れてきたら、2.8kmのポタリングコースに挑戦を。初心者でも楽しめるこちらのコースは、木々の間の緩やかな傾斜やカーブをゆっくり進むことができ、森林浴気分でマウンテンバイク走行を楽しむことができます。

初心者コースに慣れてきたところで、そのままロング走行を続けられる1.7kmのテクニカルトレイルコースへ進んでみましょう。下り坂に加えアップダウンがお子様の冒険心を刺激するはずです。そしてさらにテクニックを楽しみたいという場合は、0.7kmのフロートレイルコースへ。オフロードならではのダウンヒルでジェットコースターのような気分を味わえます。

また「マウンテンバイクはまだ早い」という8歳以下の小さなお子様には、ペダルがなく自分の足で地面を蹴って進むタイプの“ランニングバイク”という幼児用自転車のご用意も。キッズ専用とはいえ、起伏(コブ)のあるスリリングなコースを体験することでバランス感覚が鍛えられて、ペダル付き自転車もスムーズに乗りこなすことができるようになります。

マウンテンバイクのレンタルには、受付で申込書の記入などの手続きが必要です。動きやすい服装やしっかりした運動靴を着用する等、安全に注意しながら、秋の公園で思い切り体を動かして楽しんでください。

 

国営アルプスあづみの公園 大町・松川管理センター

住所:大町市常盤7791-4

問合せ:0261-21-1212

ANA ホリデイ・インリゾート 信濃大町くろよんから約13km、車で約20分

アートに触れながら
安曇野の風景を味わうコース

日本の原風景とも言うべき田園地帯が広がる安曇野は、年間を通して多くの旅人を惹き付けるエリア。

道端に祭られている道祖神(お地蔵さんのような石像)もまた、安曇野の長閑さのシンボルとなっています。

そんな安曇野でサイクリングの拠点にぴったりなのが、信濃松川駅です。駅前の観光協会「セピア安曇野」では、自転車をレンタルできるだけでなく、周辺の観光地図やパンフレットも手に入れることができます。

また安曇野と言えば、知る人ぞ知るアートの街。19もの美術館があり、絵本や彫刻のほか、現代・古典アート、ガラス工芸など、さまざまなジャンルの作品を楽しめます。

 

その中でも、お子様と一緒に訪れるのにおすすめなのが、「安曇野ちひろ美術館」です。

館長でもある黒柳徹子の著書「窓ぎわのトットちゃん」の挿絵を手がけたことで知られ、没後45年以上経ってもなお多くの作品が愛され続けているいわさきちひろ氏の絵を数多く展示しています。

その優しい色合いと独特の筆づかいで描かれたどこか懐かしい作品の数々は、お子様だけでなく親御さんも目にしたことがあるはず。

他にも、世界の絵本画家の作品展示や、企画展なども開催されています。愛情深い絵の世界に親子でたっぷり浸りながら、新しい絵本の楽しみ方も探してみてはいかがでしょうか。

絵本の優しい世界観を堪能した後は、美術館の周囲に広がる安曇野ちひろ公園(松川村営)を散歩してみましょう。北アルプスの山々を背景に、「窓ぎわのトットちゃん」の世界を再現した電車の教室が置かれているなど、絵本の世界観が広がります。

 

秋色に染まった木々や秋の草花を観察しながら歩く時間もまた格別です。

安曇野には「ちひろ美術館」の他にも、「碌山美術館」など、外観だけでも見る価値のある美しい美術館が多くあるので、何カ所かを選んで、巡ってみてはいかがでしょうか。

まるで外国を旅しているような気分に浸れます。

安曇野ちひろ美術館

住所:北安曇野郡松川村西原3358-24

電話:0261-62-0772

AMA ホリデイ・インリゾート 信濃大町くろよんから約17km、車で約25分

木崎湖を一周
長閑な湖畔をゆっくりと回るコース

大町の市街地からほど近く、季節毎にさまざまなアクティビティが楽しめる「木崎湖」。

静かで穏やかな湖面に伸びる桟橋が印象的で、映画やドラマの撮影ロケ地になったこともある美しい湖です。1周およそ6.5キロメートルと聞くと、ちょっと距離があるように思えるかもしれませんが、サイクリング初心者がペダルをゆっくりと漕いでも1時間はかかりません。国道148号線を軽快に走るルートと、整備された遊歩道を走るルートがあるので、お好みで選んでみてください。

湖畔沿いの自然豊かな道から進んでいくと、田園地帯、駅周辺……と、次々に景色が移り変わるので、サイクリングの醍醐味が味わえること間違いなし。舗装された道だけでなく、砂利道やあぜ道も通るので、ロードバイクよりもマウンテンバイクを借りることをオススメします。

 

桟橋のある南側のキャンプ場から北上する形でスタートすると、まずは少し緩い坂道が続きます。

北上しきると現れる、杉の木に囲まれた「海ノ口上諏訪神社」は、大町市の指定有形文化財です。あまり大きい神社ではありませんが、弥生時代後期から伝わるといわれる由緒を感じつつ、休憩がてら見学もできます。

そこから海ノ口駅の方へ向かう間は、畑を通る長閑な雰囲気の道が続きます。そして線路を渡れば国道を通るルートへ(国道は一部狭いところがあるので要注意)。

線路の手前で右折すれば、田んぼを回り込むように湖に沿って進むルートへと続きます。「ここは通っても大丈夫?」と思うような、舗装されていない田舎道なので、少しスリリングな走行が楽しめます。

あぜ道を抜けると眼前にはまた輝く湖面が広がり、天気が良ければ湖に反射する美しい紅葉を目にすることができます。

「木崎湖」の周辺の山々は、10月末頃から徐々に紅葉していきます。時間に余裕があれば、レンタルボートで湖面からの景色を味わうことも。

秋の湖畔は冷えるので、暖かい格好で楽しみましょう。

体力に自信がある大きなお子様連れのご家族ならば、「木崎湖」と合わせて“仁科三湖”と呼ばれる「中綱湖」・「青木湖」まで足を伸ばして、4時間ほどのサイクリングに挑戦してみても良さそうです。

木崎湖

住所:長野県大町市平20780-1
行き方:大糸線信濃木崎駅から徒歩15分

ANA ホリデイ・インリゾート 信濃大町くろよん から約15km 車で約30分

「ANAホリディ・イン リゾート信濃大町くろよん」のリゾートセンターでは、サイクリングのルートにぴったりな観光スポットのご紹介をはじめ、さまざまなレジャーの相談に対応しています。

秋の長野でスポーツ体験を満喫しながら、美しい景色が心に残る最高の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。