長野県大町市の魅力的な大自然とは?日々の疲れを癒せるスポットを紹介!

長野県大町市は、北アルプス(富山県・岐阜県・長野県・新潟県の4県にまたがる山脈)の麓に位置し、大自然を楽しむことができる地域です。子どもから大人まで楽しめるスポットがたくさんあり、休日に訪れるのにぴったりです。

この記事では、大町市の自然を満喫できるスポットや、おすすめの宿泊施設について紹介していきます。

松本市から大町市へのアクセス

長野県の中心とも言われる松本市から大町へのアクセスは、JR大糸線に乗るのが便利です。松本駅から信濃大町駅まで約60分、乗り換えなしで辿り着けます。

もちろんレンタカーでの移動も可能です。その場合は長野自動車道を安曇野ICで降りて、北アルプスパノラマロードを走ってください。車の場合も、所要時間はおよそ60分です。

松本市からの移動中には自然の景色が広がり、大町に近づくにつれて、北アルプスがどんどん大きくなっていくことも魅力のひとつです。

大町市を代表する北アルプスの大自然

たくさんの自然が溢れる大町を満喫するのなら、”大町山岳博物館の展望台”は絶対に訪れるべきスポットです。展望台からは、北アルプスと大町を一望できます。

他にも、大町側の玄関口である扇沢から、3,000m級の北アルプスを貫いて富山県を結ぶ約100kmの立山黒部アルペンルートにある「黒部ダム」は、年間数百万人もの観光客が訪れるほどのスポットです。

さらに大町市周辺には、「国営アルプスあづみの公園大町」は、夏は川遊び、秋は渓流釣りと、季節によって異なる体験ができることで人気です。

併設の「森の体験舎」では、木の枝を使った工作や、地元食材を使ったピザ作り体験もできるので、子連れのファミリーにおすすめです。

また、標高945mの山あいに周囲を針葉樹と畑地で囲まれた低層湿原の「唐花見湿原」。ミヤマウメモドキの赤い実と、白い雪のコントラストがとっても美しく、秋から冬にかけて足を運ばれる方もいます。

ただし、観光スポットの中には冬季シーズンは休業している場所もあるため、事前に営業時間をチェックしておきましょう。

各観光スポットの営業時間をまとめてご覧になりたい方は、大町市観光協会の公式ホームページをチェックしてください。

季節によって表情を変える3つの湖

大町市には、季節によって印象が変わる美しい「仁科三湖」とも呼ばれる3つの湖(青木湖、木崎湖、中網湖)があります。

1.青木湖・・・長野県内では3番目の大きさを誇り、湖底から湧き出る清水より透明度が抜群
2.木崎湖・・・温泉やフィッシング、湖畔キャンプなどのアクティビティが体験可能
3.中綱湖・・・青木湖のすぐそばにある小さな湖で青木湖同様に透明

オールシーズンを通して、ウォーターアクティビティが楽しめて、たとえば夏はカヌー漕ぎをを楽しめて、冬には凍った湖に穴を開けて青木湖ではヒメマス釣りを、木崎湖ではワカサギ釣りができます。

子どもから大人までわくわくドキドキするようなアクティビティが豊富で、大町市には自然が満喫できる観光スポットが多くあるのです。

マウンテンリゾートで過ごす特別な時間

「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」は、
北アルプスの麓に位置している唯一のマウンテンリゾートです。

季節ごとで楽しめるアクティビティを目的に足を運ばれる方や、館内で日々の疲れを癒したいという方など、幅広い世代が満喫できるように充実した設備を完備しております。

旬の食材を活かしたバリュエーション豊かな朝食ビュッフェと、ディナーもセミビュッフェで提供しており、メイン料理を1品お選びいただけます。

客室は全8タイプを準備しています。公式ホームページより特典や限定プランなど、当館の特徴をご覧いただけるのでぜひチェックしてみてください。

大町市以外にも、長野県には家族で楽しめるような観光スポットが豊富にあります。長野県の家族旅行スポットについては、詳しくは、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよんにご宿泊される際には、8つのお部屋タイプから選ぶことができます。子ども連れのファミリーに最も人気のある客室は「キッズスイート」です!

お部屋の詳細をご覧になりたい方は、客室ページをぜひチェックしてみてください。