Menu

『長野県で満喫できるレイクアクティビティ』初心者でも楽しめる体験を紹介!

暑い日々を少しでも快適に過ごすため、水辺へ繰り出すファミリーも多いはず。
そんなとき、長野県内で子どもと一緒に訪れるなら断然、「湖」がおすすめ!

  その理由は――
長野の湖は多くが山の中にあるので、水辺の程よい木陰で涼める。
波が穏やかだから、比較的安全に水遊びを楽しめる。
そして何より、家族一緒に体験できるアクティビティが盛りだくさん!

まだまだ暑い日が続く今日この頃。過ごしやすい湖に出かけて、思い出の1ページをつづってみませんか?

水上アクティビティもアートも堪能したい!
そんなあなたはぜひ「諏訪湖」へ

信州一の湖といえば「諏訪湖」です。周辺には公園や温泉施設、美術館などが点在しており、また湖周には道路が整備されているので、ドライブや徒歩での散策はもちろん、サイクリングをするのにも人気のスポットです。

湖畔の東側はかつて7つもの温泉の吹き出し口があったことから、“七ツ釜”と呼ばれていました。現在ではコンプレッサーによる圧縮で間欠泉を噴射させていますが、約5メートル吹き上がる豪快な温泉を無料で見ることができます。

©諏訪市

「諏訪湖間欠泉センター」には、諏訪湖で盛大に行われ夏の風物詩になっている、花火大会に関する展示コーナーなども。

また、「温泉タマゴ作り体験」も人気です。

©諏訪市

茹で上がりまで20分ほどかかるので、その間に館内を見学し、トロトロに仕上がった濃厚な温泉タマゴを味わってみては。無料の足湯も併設しているので、太陽の光がキラキラと輝く湖面を眺めながら、ゆっくりと旅の疲れを癒してください。

 

諏訪湖の南側にある「SUWAガラスの里」発着(途中の原田泰治美術館からも乗車可能)のダックツアーも、ファミリーに好評です。国内でも珍しい水陸両用車に乗って、その名の通り、公道から乗り換えることなく湖へ! 勢いよく水しぶきを上げながら“スプラッシュ・イン”するスリルに、大人も子どももテンションはマックスに。その後は湖面を遊覧し、「高島城」を車内から眺めて発着所へと戻ります。

「諏訪湖」では、他にも30分間ほど掛けて美しい湖面や景色を楽しめる2種類の遊覧船が運行しています。天気が良ければ、湖上から富士山を望むこともできるとか。遊覧船乗り場のほど近くには、映画「テルマエ・ロマエ」の撮影にも使われたという貴重な文化財、「片倉館」があります。こちらでは、昭和ロマン漂う洋風建築を見学できるだけでなく、日帰り入浴を楽しむこともできます。

 

より刺激的なアクティビティを体験したいなら、身長85cm以上から楽しめるガイド付きの「カヤックツアー」にチャレンジしてみて(ほぼ毎日開催。ただし、悪天候などにより開催しない場合もあり)。家族で協力して湖面を漕ぎ進めば、親子の絆もグッと強まるはずです。

また諏訪湖周辺は、美術館が多く集まっているエリアとしても有名な土地柄です。

例えば、ダリの彫刻やルソーの絵が展示してある「ハーモ美術館」は、名画を楽しめつつも居心地の良い素朴な美術館。

諏訪大社下社秋宮近くにある「日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのね」は、精密機械としてのオルゴールの技術や歴史について学べるのはもちろんのこと、希少価値の高いアンティークオルゴールや、最先端技術を駆使して作られたオルゴールの音色を聞くこともできる博物館です。

約700曲から選べる「オルゴールの組み立て体験」も、旅の思い出づくりに人気です。

このように「諏訪湖」エリアは、アクティビティをはじめとして、温泉やアートにも親しめる、“1度で2度も3度も美味しい”エリアです!

公益財団法人 ハーモ美術館

住所:長野県諏訪郡下諏訪町10616-540

電話:0266-28-3636

URL: http://www.harmo-museum.jp/

ANA ホリデイ・インリゾート 信濃大町くろよんから約63km、車で約1時間15分。

日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのね

所在地:長野県諏訪郡下諏訪町5805

電話:0266-26-7300

URL: https://suwanone.jp/

ANA ホリデイ・インリゾート 信濃大町くろよんから約65km、車で約1時間20分。

「青木湖」で種類豊富なアクティビティを満喫!

「青木湖」は長野県内で一番深く、その透明度は全国でもトップクラスを誇ります。

それほど大きくないので、子どもと一緒でもレンタサイクルで7kmの一周コースにチャレンジすることができ、アウトドア派のファミリーにぴったりの湖です。湖畔は緑に囲まれたおり、エメラルドブルーの水と木々の美しさを眺めながらのアクティビティは、どれも都会では味わえない癒しの時間を与えてくれます。

エンジン付きボートでの乗り入れは禁止されているので、波のない穏やかで静かな湖面が広がっているのも「青木湖」の特徴の一つ。「カヌー」や最近流行の「SUP」など、さまざまなアクティビティを楽しめます。

「SUP」とは、スタンド アップ パドルボードの略で、その名の通り、浮力のあるサーフボードに立ち乗りして、「カヌー」のようにオールで漕いで楽しむスポーツです。常にバランスを取りながら乗るため、フィットネス効果もあるのだとか。もちろん、座ったままのんびりと漕いで進んでもOKです。

小さな子どもがいるファミリーには、ガイド付きの「カヌーツアー」がおすすめ。家族で乗れる大型のカヌーでゆったりと特別なスポットへ案内してもらえます。もちろん、小学生以上であれば、自分で漕げる「小型のカヌー」もあります。

また、水上での浮遊感を味わいたいなら、「カヤック」にもぜひ挑戦してみて。パドリングの練習をしっかりすれば、スイスイと水の上を自由に動き回れるようになり、その楽しさにハマってしまうこと間違いなし!

また、子どもでも楽しめる“夜のアクティビティ”への参加も楽しいですよ。いつもの夏とは一味違った思い出作りがしたい……そんなファミリーにおすすめしたいのが、「ナイトクルージング」です。真っ暗な湖面をボートで進むなんて、子どもたちにとってはこれまでの人生で味わったことのないスリルを感じるはず。

注目は、水の清らかな「青木湖」だからこそ楽しめる「ホタルウォッチング」。暗闇に小さなホタルの光が浮遊する姿は、なんとも幻想的です。

ちなみにホタル鑑賞中は、ホタルの生育に影響があるためフラッシュを使っての撮影は禁止されています。スマートフォンでは撮影が難いので、その美しい光景はぜひ、心に焼き付けていただければと思います。

天気が良ければ、ホタルに加えて頭上に輝く満天の星空を見ることもできます。また、水辺の夜は冷え込むこともありますので、羽織れるものをお忘れなく。

「木崎湖」でSUPに
ワカサギ釣り、手ぶらバーベキューを楽しもう!

「木崎湖」は、地元でも“アクティブスポーツのメッカ”と称されるほど、ウォータースポーツの盛んな湖です。中でも、「木崎湖」のSUPは、レンタルはもちろん、体験スクールが充実しているので、初心者でも安心してチャレンジすることができます。

小学生でも練習すれば1日で立てるようになりますが、オールで漕ぐのはなかなか難しいので、経験豊富なスタッフからコツを教えてもらえる体験スクールがあるのは安心ですね。

水が苦手な子どもでも、家族皆で楽しみながら水に慣れることで、帰る頃には自分でも気づかないうちに水が怖くなくなっている、ということも多いそう。

 

また冬の風物詩のイメージが強い「ワカサギ釣り」ですが、なんと「木崎湖」では、一年中楽しむことができます。

爽やかな湖の上で子どもから大人まで気軽に釣ることができるのです。しかも、水質の良い「木崎湖」で育ったワカサギは、その味も絶品。アクティビティのコースによっては、その場で調理まで手配してもらえるので、手ぶらで行って、釣りたてのワカサギを天ぷらで食べることもできます。

ジッパー付きの袋とクーラーボックスを持参し、保冷剤で冷やしながら持ち帰れば、自宅で美味しくいただけます。

 

ご紹介したもの以外にも、長野県内の湖で楽しめるアクティビティはまだまだたくさんあります。また、アクティビティによって事前予約が必要です。

ファミリーで楽しめるプランについては、「ANAホリディ・イン リゾート信濃大町くろよん」のリゾートセンターまでお気軽にご相談ください。ご家族のために、わくわくドキドキ、最高の思い出づくりをお手伝いいたします。